糖尿病内科

糖尿病は、人体にさまざまな合併症を引き起こしてしまいます。
当内科では、無理なく患者様の生活習慣の改善方法のご提案をさせていただき
診療させていただきます。

糖尿病の治療について

2012年国民健康・栄養調査で、糖尿病と糖尿病予備軍の合計は2,050万人、成人の5人に1人が該当することが推測されるという結果がでました。
糖尿病はもう特殊な病気ではありません。

検診などで発見されたら、なるべく早く検査を受け、治療を開始しましょう。

また、糖尿病の治療の目的は、血糖を下げることだけではなく、合併症による弊害をなくすことです。
そのためには、血糖だけでなく血圧やコレステロール、中性脂肪のコントロールも必要です。

糖尿病の合併症(慢性合併症)

治療内容

糖尿病

糖尿病とは

インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝症候群のことを指します。
インスリンとは、胃の裏側にある膵臓という臓から分泌され、簡単にいうと血糖を下げるホルモンです。
インスリンが充分に分泌できない、あるいは出ていても何らかの原因でその働きを発揮できないと、本来100mg/dl前後に調節されているはずの血糖が高くなってしまいます。この状態が慢性的に続いているのが糖尿病です。

糖尿病の症状とは

血糖が少し高いくらいでは、自覚症状は全くありません。
しかし、その状態でも、長く続くと動脈硬化などの合併症は起こってきます。
自覚症状がなくても、糖尿病と診断されたら何らかの治療が必要なのはこのためです。

糖尿病の症状として有名な、喉の渇き、多尿、だるさなどは血糖が急激に上昇した時でないと自覚しにくいものです。
このような症状に、体重減少が加わると、かなり糖尿病が悪化している可能性があります。

合併症が進むと、視力障害(網膜症、黄斑変性症、白内障などによる)、足の違和感やしびれ、こむら返り(神経障害)、足のむくみ(腎不全)などが起こってきます。
脳梗塞や狭心症、心筋梗塞なども起こりやすくなります。

生活習慣と糖尿病

正常な状態から、ある日突然糖尿病になることもありますが、ほとんどの方はまず生活習慣の変化(食習慣の変化、それまで定期的にしていた運動をしなくなる、勤務時間や勤務体制の変化など)から体重が増加し、耐糖能異常(糖尿病予備軍)となり、その後も生活習慣の改善がないと徐々に糖尿病の状態に移行します。
耐糖能異常の状況で、体重増加につながった生活習慣に気づき、それを改善できれば、糖尿病にならずに済むこともあるのです。

また、糖尿病の状況になったとしても、早い段階であれば、薬に頼らず食事療法、運動療法のみで血糖コントロールできるかもしれません。
逆に、糖尿病と診断されても治療せずに血糖が高い状態のまま放置されると、糖尿病の病状は進行し、食事、運動療法のみでなく何らかの薬物療法が必要になります。

現時点では、初診の時にすでに糖尿病になって数年以上がたっており、最初から薬物療法を始める患者さんが多いのが現状です。
検診で糖尿病または糖尿病の疑いとされた方は、自覚症状がなくても早めに受診してください。
当院では、月曜日午後と木曜日午前に、予約制で管理栄養士による栄養指導を行っております。ご希望の方はお問い合わせください。

糖尿病の治療

一度糖尿病と診断されると、それを完全に治癒させるのは現時点では困難です。
しかし、生活習慣の改善や薬物療法で、血糖を正常な人の状態に近づけること(血糖コントロール)で、合併症を防ぎ、糖尿病から来る不利益を最小限にすることができます。
最近は糖尿病の新薬が次々と開発され、薬物療法の選択肢が増えました。患者様の生活パターンにあった治療を一緒に考えていきましょう。

高血圧症

血圧の上昇はいろいろな原因で起こります。

若いころは血圧が低いと言われてきた方も、年齢を重ねて血管が老化し、さらに喫煙やストレス、肥満などの要素が加わると、知らない間に高血圧になっていることもあります。

まず、検診などで今のご自分の血圧を正確に把握することが大切です。

血圧は測る時間やタイミングでかなり上下しますので、ご自分で血圧計を購入いただき、自宅で測定していただくとなおよいでしょう。

糖尿病のある方では、高血圧を合併することにより動脈硬化、腎障害などの合併症がさらに悪化するため、130/80未満を目標に血圧をコントロールすることが必要です。
糖尿病でない方も、140/90未満を目標とします。

高血圧は、減量、運動、減塩、禁煙などで改善させることができますが、それでも目標に達しない場合は内服治療を開始します。

脂質異常症

血中コレステロールや中性脂肪の値が正常値を外れることをまとめて脂質異常症と言います。

主にLDLコレステロール(以前は悪玉コレステロールといわれていました)、中性脂肪が上昇し、HDLコレステロール(以前の善玉コレステロール)が低下すると動脈硬化を起こしやすくなり、治療の対象になります。

脂質異常症も、食事療法、運動などで改善させることができますが、それでも改善しない場合は内服治療を開始します。

この場合の目標値は、患者さまの性別、年齢、高血圧や糖尿病を合併しているかどうか、既往歴によって異なります。詳しくは直接ご相談ください。